奈良の昔話 奈良町を支えた里編



内容紹介
『奈良の昔話 奈良町編』の続編として刊行された本書は、奈良町の後背地として大きな役割を果たした周辺の里がテーマとなった。千数百年もの間、人々が絶えることなく住み続けた希有な町・奈良町。その一画に生まれ育った著者が、幾世代にもわたって積み重ねられてきた周辺の里との交流を記録する。


関連カテゴリ:
こころざし・歴史×ブレーンセンター
  奈良の昔話(全5巻2003〜2013)
全ジャンル一覧
 文化
全シリーズ一覧
 シリーズ一覧:奈良の昔話(全5巻2003〜2013)
商品コード:
9784833904254
販売価格(税込):
1,028

他のオンラインショップで、この本を見る。(以下ご希望のオンラインショップ名をクリックしてください)
(選択中のタイトル:奈良の昔話 奈良町を支えた里編)

書籍情報

発行日:2004 、 判型:A5判(学術書等) ・ソフトカバー 、 頁数:184頁 、 その他- 、 装幀:- 、 発行:ブレーンセンター

著者

増尾正子(ますお・まさこ)\n生家は約150年前から元興町で店を営み、現在は「砂糖傳」の名で知られる老舗。著者はこの家に生まれ育ち、四代目として2003年、喜寿を迎えた。

目次

「西ノ京散策」
「佐紀・佐保路」
「大安寺」
「宮本武蔵と奈良」
「山中の里」
「行基菩薩」
「西大寺から伏見へ」
「平城京極大路」

その他のオススメ商品