なにわ塾第80巻 舞わせてもらいます



内容紹介
山村楽正(舞踏家) 「素人名人会」の名審査員として知られる上方舞の名手が語る、舞への深き想いと人生の機微。
聞き手・宮辻政夫


関連カテゴリ:
アート×ブレーンセンター
こころざし・歴史×ブレーンセンター
  なにわ塾叢書(全83巻1981〜2002)
全ジャンル一覧
 アート
  アート:なにわ塾叢書(講話集)
 文化
  文化:なにわ塾叢書(講話集)
全シリーズ一覧
 シリーズ一覧:なにわ塾叢書(講話集全83巻1981〜2002)
商品コード:
9784833901802
販売価格(税込):
734

他のオンラインショップで、この本を見る。(以下ご希望のオンラインショップ名をクリックしてください)
(選択中のタイトル:なにわ塾第80巻 舞わせてもらいます)

書籍情報

発行日:2001 、 判型:新書判 ・ソフトカバー 、 頁数:-頁 、 その他- 、 装幀:- 、 発行:ブレーンセンター

山村楽正(舞踏家)

1923年、大阪市生まれ。3歳で山村流宗家に入門、14歳にて山村楽正の名を許される。芸には定評があったが、1973年から毎日放送「素人名人会」のレギュラー審査員を務め人気を博し、リサイタル「舞わせてもらいます」を定着させる。地唄『葵の上』で大阪文化祭賞、上方唱『三国一』で大阪市民文化功労賞、平成2年度芸術選奨文部大臣賞などを受賞のほか、紫綬褒章、勲四等宝冠章を授章。写真集に『舞冥利』、CD-ROMに『山村楽正七十年を歩む』。