なにわ塾第77巻 同行二人、弦の旅



内容紹介
辻久子(ヴァイオリニスト) 世界的ヴァイオリニストが語る父と歩んだ演奏家への道、人と楽器との出会い、そして積み重ねてきた時間。聞き手・響敏也


関連カテゴリ:
こころざし・歴史×ブレーンセンター
  なにわ塾叢書(全83巻1981〜2002)
全ジャンル一覧
  社会経済:なにわ塾叢書(講話集)
  文化:なにわ塾叢書(講話集)
全シリーズ一覧
 シリーズ一覧:なにわ塾叢書(講話集全83巻1981〜2002)
商品コード:
9784833901772
販売価格(税込):
734

他のオンラインショップで、この本を見る。(以下ご希望のオンラインショップ名をクリックしてください)
(選択中のタイトル:なにわ塾第77巻 同行二人、弦の旅)

書籍情報

発行日:2001 、 判型:新書判 ・ソフトカバー 、 頁数:-頁 、 その他- 、 装幀:- 、 発行:ブレーンセンター

辻久子(ヴァイオリニスト)

1926年、大阪府生まれ。父の指導を受け6歳からヴァイオリンを学び11歳でデビュー。翌年、毎日音楽コンクール第1位を受章し、「天才少女現る」と注目を集める。以降、国内はもとよりヨーロッパ各国で演奏活動を続け、国際ヴァイオリニストとして評価を高める。桜宮弦楽塾塾長や(社)大阪総合医学・教育研究会理事長を務める。文部大臣賞、大阪府芸術賞、毎日音楽賞、紫綬褒章など受賞多数。