なにわ塾第72巻 考古ボーイの70年 研究と行政のはざまにて



内容紹介
坪井清足(大阪府文化財調査研究センター理事長) 元・奈良国立文化財研究所所長が回想する古代追究のあゆみ。草創期からの考古学の姿が浮かび上がる。
聞き手・永島暉臣愼


関連カテゴリ:
こころざし・歴史×ブレーンセンター
  なにわ塾叢書(全83巻1981〜2002)
全ジャンル一覧
 社会経済
  社会経済:なにわ塾叢書(講話集)
  社会経済:都市
 文化
  文化:なにわ塾叢書(講話集)
全シリーズ一覧
 シリーズ一覧:なにわ塾叢書(講話集全83巻1981〜2002)
商品コード:
9784833901727
販売価格(税込):
734

他のオンラインショップで、この本を見る。(以下ご希望のオンラインショップ名をクリックしてください)
(選択中のタイトル:なにわ塾第72巻 考古ボーイの70年 研究と行政のはざまにて)

書籍情報

発行日:1999 、 判型:新書判 ・ソフトカバー 、 頁数:-頁 、 その他- 、 装幀:- 、 発行:ブレーンセンター

坪井清足(大阪府文化財調査研究センター理事長)

1921年、大阪市生まれ。’55年、奈良国立文化財研究所に入所、文化財調査官や監査官などを併任する。'77年から’86年まで所長を務めた後、(財)大阪府文化財調査研究センター理事長となる。大阪文化賞、朝日賞、勲三等旭日中綬章などを受章。著書多数。