なにわ塾第69巻 たいまつの火



内容紹介
梅溪昇(大阪大学名誉教授) あの戦争とは何だったのか。シベリア抑留3年を経て生還した若き学徒の関心は、どうしてもそこへ向かった。平和を考えるための軍隊研究から、明治維新、政治史の研究へ……。日本近代史研究の泰斗として一線で活躍する梅渓昇氏が、自身の足跡を振り返りながら平易に語る本書は、梅渓歴史学の全貌を捉える格好の入門書であるとともに、貴重な教育提言書。
聞き手・原田敬一


関連カテゴリ:
こころざし・歴史×ブレーンセンター
  なにわ塾叢書(全83巻1981〜2002)
全ジャンル一覧
 社会経済
  社会経済:なにわ塾叢書(講話集)
 文化
  文化:なにわ塾叢書(講話集)
全シリーズ一覧
 シリーズ一覧:なにわ塾叢書(講話集全83巻1981〜2002)
商品コード:
9784833901697
販売価格(税込):
734

他のオンラインショップで、この本を見る。(以下ご希望のオンラインショップ名をクリックしてください)
(選択中のタイトル:なにわ塾第69巻 たいまつの火)

書籍情報

発行日:1998 、 判型:新書判 ・ソフトカバー 、 頁数:-頁 、 その他- 、 装幀:- 、 発行:ブレーンセンター

梅溪昇(大阪大学名誉教授)

1921年、兵庫県生まれ。大阪大学教授、文学部長も務める。退官後、大阪大学名誉教授、佛教大学教授。明治政治史、大阪学問史などの分野で多くの著作を著し、学会で指導的役割を担う一方、適塾記念会理事などを務める。著作多数。