なにわ塾第58巻 分子集合の世界



内容紹介
関集三(大阪大学名誉教授) ガラス性結晶の発見など、国際的に知られる物質とエネルギーに関する研究の足跡を、化学の歴史をひもときながら平易に語る。
聞き手・松尾隆祐


関連カテゴリ:
こころざし・歴史×ブレーンセンター
  なにわ塾叢書(全83巻1981〜2002)
全ジャンル一覧
 社会経済
  社会経済:なにわ塾叢書(講話集)
 文化
全シリーズ一覧
 シリーズ一覧:なにわ塾叢書(講話集全83巻1981〜2002)
商品コード:
9784833901581
販売価格(税込):
650

他のオンラインショップで、この本を見る。(以下ご希望のオンラインショップ名をクリックしてください)
(選択中のタイトル:なにわ塾第58巻 分子集合の世界)

書籍情報

発行日:1995 、 判型:新書判 ・ソフトカバー 、 頁数:-頁 、 その他- 、 装幀:- 、 発行:ブレーンセンター

関集三(大阪大学名誉教授)

1915年、兵庫県生まれ。38年大阪帝国大学理学部化学科卒業後、結晶を対象に構造化学熱学の研究に従事。60年理学部教授。この間、米国ペンシルベニア州立大で極低温研究に参加。柔粘性結晶、物質のガラス状態など相変化の熱力学的研究を行い、日本熱測定学会の創設に参画。国際純正応用化学連合専門委員、国際熱分析連合の役員、国際雑誌の編集顧問等を務める。79年大阪大学退官後、関西学院大学理学部教授に就任、両親媒性物質の熱物性研究を行い、84年退職。大阪大学名誉教授、日本学士院会員。