なにわ塾第53巻 ワクチンと私



内容紹介
奥野良臣(大阪大学名誉教授) 世界で最初に麻疹ウイルスの分離とワクチン化に成功するなど、伝染病予防に貢献を果たした「日本のジェンナー」が語るワクチン開発物語。
聞き手・上田重晴


関連カテゴリ:
こころざし・歴史×ブレーンセンター
  なにわ塾叢書(全83巻1981〜2002)
国際性×ブレーンセンター
全ジャンル一覧
 社会経済
  社会経済:なにわ塾叢書(講話集)
全シリーズ一覧
 シリーズ一覧:なにわ塾叢書(講話集全83巻1981〜2002)
商品コード:
9784833901536
販売価格(税込):
650

他のオンラインショップで、この本を見る。(以下ご希望のオンラインショップ名をクリックしてください)
(選択中のタイトル:なにわ塾第53巻 ワクチンと私)

書籍情報

発行日:1994 、 判型:新書判 ・ソフトカバー 、 頁数:-頁 、 その他- 、 装幀:- 、 発行:ブレーンセンター

奥野良臣(大阪大学名誉教授)

1915年、奈良県に生まれる。41年、大阪帝国大学医学部卒業後、助教授を経て、大阪大学微生物病研究所の麻疹部門設置とともに部門長として教授に就任。生ワクチンの合理性に着目し、麻疹ウイルスの分離とワクチン開発に世界でも最初に成功したほか、ムンプス、風疹などの生ワクチンを日本で最初に開発する。78年、大阪大学名誉教授。第一回小島三郎記念文化賞、紫綬褒章、勲二等瑞宝章、大阪文化賞などを受ける。