なにわ塾第44巻 木を癒す



内容紹介
山野忠彦(樹医) 日本で初めて木の医師となり、全国を行脚する中で1千本以上の治療をなしてきた氏が、地球へのメッセージにあふれた「木を愛する心」を語る。
聞き手・福瀬くに子


関連カテゴリ:
こころざし・歴史×ブレーンセンター
  なにわ塾叢書(全83巻1981〜2002)
全ジャンル一覧
 環境
  環境:なにわ塾叢書(講話集)
 社会経済
  社会経済:なにわ塾叢書(講話集)
  社会経済:都市
 文化
  文化:なにわ塾叢書(講話集)
全シリーズ一覧
 シリーズ一覧:なにわ塾叢書(講話集全83巻1981〜2002)
商品コード:
9784833901444
販売価格(税込):
734

他のオンラインショップで、この本を見る。(以下ご希望のオンラインショップ名をクリックしてください)
(選択中のタイトル:なにわ塾第44巻 木を癒す)

書籍情報

発行日:1993 、 判型:新書判 ・ソフトカバー 、 頁数:-頁 、 その他- 、 装幀:- 、 発行:ブレーンセンター

山野忠彦(樹医)

1900年、大阪府生まれ、3歳でソウルに渡り、財産家の息子として成長する。父を若くして亡くし財を失うが、山林経営に成功。戦後、無一文で帰国。鉱物調査のために全国を歩く中で、樹木の病んだ姿に心をうたれ「樹医」となることを決意。独学で研究を重ね、治療法を開発。蘇生させた木は一千本にのぼる。朝日森林文化賞、吉川英司文化賞、関西大賞さわかや賞、みどりの功労賞等を受賞。1998年 逝去。