なにわ塾第31巻 豪壮に華麗に繊細に



内容紹介
山崎旭萃(筑前琵琶演奏家)14歳で琵琶教授となり、この道ひとすじに歩んできた氏が語る古典の魅力、琵琶芸術の真髄、琵琶楽の現代性、瑞々しく豊かな老いを生きる秘訣。
聞き手・久保田敏子。


関連カテゴリ:
アート×ブレーンセンター
こころざし・歴史×ブレーンセンター
  なにわ塾叢書(全83巻1981〜2002)
全ジャンル一覧
 アート
  アート:なにわ塾叢書(講話集)
  文化:なにわ塾叢書(講話集)
全シリーズ一覧
 シリーズ一覧:なにわ塾叢書(講話集全83巻1981〜2002)
商品コード:
9784833901314
販売価格(税込):
648

他のオンラインショップで、この本を見る。(以下ご希望のオンラインショップ名をクリックしてください)
(選択中のタイトル:なにわ塾第31巻 豪壮に華麗に繊細に)

書籍情報

発行日:1988 、 判型:新書判 ・ソフトカバー 、 頁数:-頁 、 その他- 、 装幀:- 、 発行:ブレーンセンター

山崎旭萃(筑前琵琶演奏家)

本名永井ハル。1906年大阪府生まれ。10歳で倉増旭陵に入門、琵琶界に入る。16歳にして山崎旭萃会を創立。結婚後まもない19歳の時、初代橘旭宗に直門を許され、琵琶楽追求に邁進する。1964年、琵琶と詩吟の美点を融合した大和流琵吟楽、山崎光掾会を創始し宗家となる。67年、筑前琵琶日本橘会の最高位である宗範に推され、国内外での演奏活動をはじめ、後進の指導育成、琵琶の普及、発展に尽くして今日に至る。75年大阪文化賞、80年勲五等瑞宝章など受賞多数。2006年逝去。